Play all Movie
Scroll down

HMAEN KYOTO

アエナ キョウト

何もない場所から文化をつくりあげた
職人の息吹を宿す都、京都。

並々ならぬ知恵と技術が、名もない職人の手によって作られた。

「目にみえない技術を突きつめる」
ものづくりの本質を体現したこの地で。

目に見えないこだわりが生み出す ”ものづくり”

強さ、軽さ、美しさ

“ありそうでないもの”を

まさに理想の革
強く、軽く、美しい
「AENレザー」

レザーバッグの主役は、やはり革です。それなら自分たちが納得のいく革を一から作り上げたい。そんな思いから生まれたのがオリジナルの革「AENレザー」です。AENレザーは、私たちが信頼を寄せる、100年近い歴史を持つ日本有数のタンナーで作られています。傷が少なく下地がしっかりとしたAランクのレザーのみを厳選し、革そのものの風合いを損なわないよう丁寧に仕上げます。きめ細かで美しい銀面、ふんわりとした質感、そして何よりお伝えしたいのが、しなやかで丈夫ながら驚くほど軽いという点。ビッグサイズのオールレザートートでさえ、総重量は1000gを越えません。丈夫で軽くて美しい、そんな理想のバッグを生み出すために、私たちは革づくりから徹底してこだわります。

職人の手によって
造られる
妥協のないクオリティ

バッグ作りに携わるのは、代表・大友成を含むわずか数名のスタッフのみです。デッサンを描き、型紙を切り、縫製し、サンプルをつくる。それらをすべて自分たちの手で行います。一見、手を抜いても問題がないような部分にこそ、私たちは人一倍手間をかけます。切りっぱなしのコバは断面を整えてから丁寧に磨き、何度も色を塗り込み、さらに磨きをかけます。バッグに立体感を出すため手縫いでステッチをかけ、ブランドマークの縫いつけも手縫いにこだわります。外注では手間がかかりすぎてやってくれないことを、自分たちの手でひとつひとつ作り上げていくのです。大量生産は叶いませんが、妥協のない細部へのこだわりの積み重ねが、“HMAENらしさ”を生むのだと感じています。

バッグに負荷がかかるデザインはしない。
シンプルなものづくり

発足からおよそ6年、“ありそうでないもの”を求め、HMAENのバッグは常に進化し続けてきました。実際に自らの手によってバッグを作り続けることで、現場では日々新たなアイデアが生まれています。私たちが大切にするのは、オールレザーバッグとしての風合いや美しさ。そのため、革の不要な切り合わせや過度な補強はせず、できる限り「一枚革」での仕立てにこだわります。金具類は全てオリジナルで、軽さと耐久性を重視し、装飾性の高いものはバッグに負荷がかかるため使用しません。「気づけば毎日手に取っている」、そんな気取らないシンプルなバッグを、高い品質と適正な価格で届けたい。そんな思いで、私たちは毎日バッグづくりと向き合っています。

Brand History

【”想い”から生まれたツールとしての鞄】

Product

製品情報

Designer

Nari Otomo

大友 成

1974年東京下町生まれ。学生時代はご想像にお任せします。20代は様々な職歴を経ました。30代のころたまたま近所にバッグ製造会社があり入社。そこで独学でバッグデザインを始めました。それからいくつかのブランドを立ち上げました。いつのころからか、デザイナーという仕事だけではモノづくりの本質にはたどり着けないと思い、2013年に自身のブランドHMAENを立ち上げました。自分が納得のいくモノづくりをするために。

Shop

店舗情報

HMAEN TOKYO KYOTO STORE
605-0827 京都市東山区八坂上町385番地6 2F Map
075-561-1880

Map

News

ニュース News一覧はこちら